共働き 子育て 中華やん

夫婦共働きで子育て中、2児の父親。 忙しいけど家族仲良く生活しています。 家庭、仕事と戯言をログにしています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPその他 ≫ 学校給食の実態

学校給食の実態

お子さんが公立の小中学校に通っていて学校給食がある人はこの実態を知っておいた方がよいかもしれません。
逆にこれを知ることで腹を立てるかもしれませんが、これが学校給食の実態です。

みなさんが普通に支払っている給食費。
実は払っていない人がいるのです。

ここまででしたらそんな人がいるのかで終わる人もいるかと思いますが、給食は皆さんから集めたお金で子どもたちの給食を作ります。
当然、給食は生徒全員に配られますので、払っていない人にも給食支給されるのです。
つまり払っていない家庭は無銭飲食をしているのです。
しかも、払っていない人の分をまじめに払っている人が補うのが実態です。
例えば全員給食費を払っていればリンゴが1個支給されるのに、払わない人がいる為に何分の一かにカットされるのです。
もう少しおいしい給食になるのが、予算の都合上、単価を下げる=味が落ちる

一つだけ注意しなくてはならないことがあり、すべての家庭が給食費を払えるというわけでもなく、本当に払いたくても払えない家庭があるところは注意してください。
ここを取り違えてしまうと問題になります。

私が言いたいのは明らかに給食費を払える収入があるのに払わない家庭があるということを言いたいのです。

こんな家庭のためにうちの子の給食費が使われていると腹を立てる人もいると思います。
実際に、こんな家庭なんだから給食を支給しなければいいじゃないかと私は思ったのですが、教員の立場からすると子どもは悪くないからと言う理由で給食を与えることが大半だそうです。
現にあまりにもひどい家庭の子どもに給食を支給しないでお弁当にしたら、1日目はコンビにのパンで、2日目にはお昼ごはん無しになり、それ以降その子はお昼抜きになり、最後は教員が給食をあげて終わりました。
教員も人なので育ち盛りの子どもがお昼を食べないのはよくないと判断した結果です。

とここまででも、かなりひどい実態だと思いますが、この給食費を払わない家庭が多い市町村は税金が給食費に投入されているのです。
あなたが支払う税金がこんな家庭のために使われている可能性があります。

ちなみに、家の子ども達は公立の保育園に通ってましたが、保育費を払わないで子どもを預けていた家庭もあったそうです。


にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ   にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ