共働き 子育て 中華やん

夫婦共働きで子育て中、2児の父親。 忙しいけど家族仲良く生活しています。 家庭、仕事と戯言をログにしています。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP共働きの知恵袋 ≫ 【共働き】少子化問題(2015/12/12)

【共働き】少子化問題(2015/12/12)

たぶん、私の記憶が正しければ、学生時代には少子化問題、少子高齢化社会が来るといわれていたようなきがします。
ここにきて問題されていますが、20年以上前から問題になるといわれてはずです。

てっとり早く言いますと、問題を先延ばしして、今になって対策をうつというのが遅いということです。
コンピュータの2千年問題と同じです。(内容は割愛します)

今となっては仕方ないので、私なりの少子化対策の持論です。
まず、会社の残業時間を減らすことです。
若者も残業時間が減れば、仕事帰りに遊ぶこともできると思います。
色々な会社の人と話をしますが、残業がない会社はあまり聞きません。
むしろ残業しないと仕事が回らないということを聞きます。
残業のおかげで、若者も出会いの機会がない状況だと思います。
さらに書いてしまうと、週40時間労働時間だったと思いますが、1日7時間労働の35時間に減らしてしまえば、さらに状況が変わると思います。

ついでに、会社で支給する子供手当(育児手当)を増やして、妻の扶養手当をなくしてしまえばいいと思います。
子どもの手当を増やす、確かトヨタ自動車や本田技研がこの制度を今後取り入れると、記事で読んだきがします。
これには賛否両論あると思います。
なぜかといえば、うちは共働きなので、まったく関係ないのですけど、妻が働いていない家庭なんてたくさんいるからです。
当然、妻の手当がなくなれば、収入が減るからです。
でも、子どもの手当を増やして2人以上で、妻の支給額を超える制度を作れば3人目の家庭も出てくるかもしれません。
で、最初にも書きましたが、残業を減らせば、夫も育児に参加することが増えると思います。

昔からそうですけど、日本は働きすぎです。
悪しき習慣ですが、残業することにより会社のために働いている、良い評価をするところです。
私から言わせると同じ仕事量で8時間で終わらせて帰る人より、残業して終わらせる人の方が評価される会社が多いことです。
結局、夫は仕事して、家事は妻がする、という構図が変わらないといけないと思う。

マタハラとか最近は言われますが、別に今に始まったことではないです、
うちの妻なんて10年前からそんなことをされています。
社会が変わらないので、女性の社会進出は変わらないのです。
マタハラの問題はいろいろありますが、残業有りきの社会ではこの問題は解決しにくいと思います。
また、1人に対する仕事の割り振りも多いので、仕事を休み辛い状況でもあります。

政府がいろいろ対策を考えていますが、まず結婚をする平均年齢を下げないとこには始まらないと思います。
現状問題も解決しなければなりませんが、先のことを考えると、結婚の平均年齢を下げて、出産の平均年齢を下げないと、少子化対策にはならないと思います。
確か、確定ではないですが、出産で政府がお金を出す案があったと思いますが、抜本的な解決でなくその場しのぎの解決だと面ます。

私はまず、会社(仕事の取組み方)を変えなければならないと思います。



にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ   にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ